VOICE BACK to VOICE LIST

東日本大震災から6年

2017.03.11
東日本大震災から6年

もう6年になるんですね。


この時期になると震災の報道を見かけるので思い出しますが普段は全く頭の中にないというのが正直なところです。

ただいくつかの報道を拝見すると、6年経った今でも何か力になれないかと思う自分がいるのもまた事実です。


自分にしかできないこと、やるべきこと、やりたいことは何なのか。と自問していたんですけど、自分の考えを共有する事はできると思ったので6年経つこの日にコメントすることにしました。


共有したいことは、

「普段僕らの周りに当たり前のように存在している人、物というのは当たり前ではないということ。

家族、友人、水、食べ物、電気、服、家、車。その他にもたくさんありますが、そのどれもが当たり前ではないということ。

もしかしたら明日失う可能性だってあるということ。


自分が明日死ぬ可能性だってある。


そんなことを考えてたら今まで当たり前に存在していた僕の周りの人、物にもっと感謝して生きよう」


って思えます。


纏まりのないコメントではありますが、家族を失われた遺族の方々には、微力ながらに遠いイタリアからあなた方のことを考えてる人もいると思ってもらえたら嬉しいです。



--本田圭佑

COMMENT

※コメントは会員の方のみ投稿ができます。
新規会員登録または既に会員の方はサインインしてお楽しみください。
新規会員登録 サインイン

LATEST COMMENTS

total9

  • まゆみ

    あの日突然、かけがえのない大切な家族を奪われ
    住む場所を奪われ、仕事を奪われ、日常を失い
    被災された方々の癒えることのない傷が
    私達ひとりひとりの「共に生きる」という
    想いと行動によって、痛みを忘れさせることは
    出来なくても、ほんの少しほんのひと時でも
    笑顔になれたり、元気になってもらえるように
    自分に出来ることを探し、やり続けていきます。

  • kokoro

    心ない言葉で人を傷つけたりする。
    自己中心的世界観を持ち続け
    いつしか孤独の達人となる。
    想いは
    日々色褪せるから
    時は
    止められないから
    今を精一杯生きよう。
    忘れないよ。3.11
    絶対に忘れない。
    ただ、ただ、祈るばかりです。
    幸せがそばにありますように

  • 3人息子の母

    震災から6年の間、熊本でも震災があり それでもまだ、仮設住宅で住んでいらっしゃる方もいらっしゃり、まだまだ復興の最中。復興はいつか出来るのか、それは被災者の方々ひとりひとりの心の中しか分からないのかなとか、誰かが「復興は順調。」とか「復興してる。」と、決め付けられないんだと想ったり。
    私も、震災の事を忘れないように行きているつもりでも日常生活の些細な事に向き合ったり、そういう時は震災をわするているんだと思いました。
    でも、本田選手の仰る事私も同感しました。「当たり前の事は当たり前ではなく、すべてが感謝すべき事なんだよ。」長男には、寝る前にこの事を話したり、幼児なので理解は難しいですが いつか「お母さんがこんな事言ってたな。」と、大人になり気が付いてほしいと少なからず思います。
    笑われるかもしれませんが、トイレに行って普通に自分で出来る事 本当に感謝しています。
    自分の身の回り、大切な人、物、人並みに生活できる身体、あたり前過ぎて気が付けない事にも感謝出来る人でありたいと日々想います。
    本田選手、大切な事改めて気が付かせてくださり有り難うございます。



  • sato

    いつもありがとうございます。
    これからもがんばります。

  • まさ

    ほんとにそう思います。

  • うさぎさん

    本田選手、ありがとうございます。
    6年前、目の当たりにした災害は想像を絶するものでした。
    幸いにもたいした被害を受けなかった我が家ですが、これはなくなった父や母や祖母や祖父など祖先の人たちが守ってくれたのではないかと思いそれからはお墓に毎日感謝のお参りを続けていました。(お墓は歩いて15分ぐらいのところにあります。)
    5年になったので区切りをつけたつもりで昨年はお参りをしませんでしたが、もう一度お参りを始めようかと思っています。

  • りな

    早6年…

    私は神奈川に住んでいたので被害という被害はありませんでしたが、それでも恐怖や不安、物流ストップによるお店の在庫切れや計画停電など経験し、普段、当たり前にある水・電気・ガスなどのありがたみを感じました。
    そして、何よりも身内や友人の安否確認がなかなかとれなかったことが最大の不安要素でした。

    この時季になると震災関連の報道が多くなり、いろいろ考えさせられますが私も本田選手同様、普段は全く頭にない現状です。
    改めて何気なくあるものや周囲の人に感謝し、それを周りの人や次の世代の人に伝えていけたらいいなと思います。

  • まり

    もう6年ですね

    あなたなんかよりもっと非力な自分を痛切に感じます

    大切な人に感謝して生きます いつも大切なことに気付かせてくれてありがとう

    あなたは本当に優しくて心の広い人 周りのみんなの幸せが自身の幸せなの??? だとしたら素晴らしいですね 欲しいものとかあるのかな???

    いつも大切なことに気付かせてくれてありがとう そんなあなたに感謝しています

  • MIEKO

    足の具合は大丈夫でしょうか

    本当にもう6年もたったのですね
    涙を流しながら報道を見ていたのがついこの間のような気がします。

    本田選手のおっしゃるとおり、あたりまえに有るものが、無くなってしまったらと想像すると、今ある事に感謝し、思いをめぐらしています。

    ミラノから温かい言葉を発信される本田選手は心優しい大きな器の人だと、ファンとして、とても嬉しく思います。

コメントをする

LATEST VOICE

RELATED ENTRIES

SPONSORS